Top > ナックル > アクション・PA

ナックル/アクション・PA
HTML ConvertTime 0.063 sec.

基本アクション Edit

基本的に攻撃が素早く、そのかわりに攻撃のリーチは非常に短いため、ほぼゼロ距離で攻撃する必要がある。
フォトンアーツはフィニッシュ部分の前にキャンセルを受け付ける。スウェーと合わせて咄嗟の回避判断が重要。

通常攻撃 Edit

画像段数1234(EX)5(EX)
[Upload]威力
回復PP
  • (EX)の欄は、スキル「ナックルアタックエクストラ」習得で使用可能になる。
  • 4~5段目は敵に向かって若干接近する挙動を持つ。

武器アクション Edit

短時間の無敵時間を持つスウェーを行う。スウェーの後、成否に関係なく攻撃を行う。

画像
[Upload]威力
カウンタープラス威力
  • スキルによるスウェー回避成功時のカウンター攻撃を2種類持つ。
    • 回避成功後に武器アクションを行うとカウンター攻撃を繰り出せる「ナックルスウェーカウンタープラス」と
      回避成功時、次に通常攻撃を使用した際に5段目が出る「ナックルアタックスイッチ」。
      • この5段目は普通に出した時よりも威力が高く、攻撃中は無敵状態になる。
    • スウェー回避成功→武器アクション→通常攻撃 と行うと強力な攻撃を2連続で出せるため、
      かなりのダメージを稼げるので積極的に狙っていきたい。

汎用アクション Edit

アクション備考
ダッシュアタック威力飛びかかって殴る。
回復PP
ステップアタック威力裏拳を叩き込む。
回復PP
ステップカウンター威力
回復PP
ダイブアタック威力地面に向かって拳を叩きつける。
回復PP

フォトンアーツ Edit

フォトンアーツに共通する考察などは武器・ユニット参照。

スウィフトラッシュ Edit

“剛拳(ナックル)”用のフォトンアーツ。一瞬でエネミーとの間合いを詰めたのち、強力な連撃を叩き込む。

画像Lv1
[Upload]威力750
消費PP23
  • 突進して左右のワンツーを撃ち込んだ後さらに一撃、最後に多段ヒットする一撃を加えつつ大きく後退する。
  • 出し切ると離れてしまうが、ワンツーのあとに各攻撃の入力を受付ており、後退せずに他の攻撃へつなぐことができる。

サウザンドブロウ Edit

“剛拳(ナックル)”用のフォトンアーツ。眼前のエネミーに無数の拳を打ち込み、最後に強力な一撃を見舞う。

画像Lv1
[Upload]威力1100
消費PP32
  • 拳の連打を叩き込んだのち、少し溜めてからアッパーを繰り出す。
    • 最初の連続攻撃は射程がそこそこ長め。
    • アッパー前に移動が可能。連続攻撃の射程内であればアッパーが当たる距離まで移動できる。
    • アッパーがヒットすると長めのヒットストップが掛かったあとに多段ヒットの攻撃に派生する。

トライドライブ Edit

“剛拳(ナックル)”用のフォトンアーツ。深い踏み込みの後、強力な3連撃の拳を放つ。

画像Lv1
[Upload]威力620
消費PP28
  • 他のPAに比べて全体モーションが短く、挙動が素直でコンパクトにまとまっており扱いやすい。
  • 前進距離はスウィフトラッシュより短いが出し切っても後退しない。
    • スウィフトラッシュ前半から繋ぐと濃密な攻撃を繰り出せる。
      合計PP消費は多くなるので息切れに注意。

フォトンブラスト Edit

フォトンブラストに共通する考察などは武器・ユニット参照。

  • 拳を前方に突き出し力をため、渾身の一撃を放つ。
    • チャージ中は小ダメージの多段ヒット、ラストの1撃は特大ダメージ

コメント Edit

Show recent 20 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • 確か通常攻撃一段目だけ2ヒットだった気がする -- 2021-02-03 (水) 09:09:26
  • カウンタープラスの攻撃は鉄山靠なのかBHSなのか、早すぎてよく見えない -- 2021-03-20 (土) 22:02:30
  • しっかりと武器を強化すれば弱点に対してカウンター成立で1000ダメージ超えも狙えるのでファイター兄弟はしっかり攻撃を見切るのです・・・ -- 2021-03-21 (日) 02:19:23
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

公序良俗に反するコメント(煽り・誹謗中傷、差別的な表現、わいせつな表現等)は控えてください。
また、基本的に改行は非推奨です。不必要な改行は控えましょう。